目標を設定したほうが、勉強にもプラスになります。 これは、何に対してもそうなのですが、漠然と何かを始めるよりも、ある程度の目標があった方がやる気も出ますよね。 その目標は、何でもいいのです。 例えば、毎日ドリルを5ページやるといった目標でしたら、なんとなく簡単そうですよね? でも、これを10日間続ける事ができたとしたら? 1ヶ月、半年、一年ずっと継続できたら? トータルすれば、ものすごい学習量になります。 勉強する時に設定する目標は、あの高校に合格する、あの大学に合格するといった大きなものばかりではいけません。 簡単にクリアできるような、小さな目標を設定する事も大切なのです。 小さな目標を設定し、それをクリアしていく度に、自分を褒めてあげたり、自分に対してご褒美をあげたりするといいでしょう。 その繰り返しによって脳は満足し、最終的には大きな目標も達成できるようになります。 大きな目標を立てるとなかなか達成できないので、途中で挫折してしまうことも少なくありません。 ちょっと努力すればクリアできるような目標を設定する事も、勉強を効果的に行うためには必要な事なのです。