多くの方にはあまり耳馴染みのない言葉(頻繁に口にしているものによって、現実が変わるとかいわれることもあります)だといえるのではないでしょうかが、近視には複?の種類(それぞれに違いがあるものです)があり、その中に「軸性近視」といったのがあることでしょう。軸性近視とは、普通の人より眼球が少し奥に細長かったり、眼球自体が大きかったりして、眼球の奥行きが長い方に見られます。眼球の奥行きが長くて網膜までの距離が普通より遠くなってしまいますから、網膜(カメラでいうところのフィルムの役割をしています)よりも前に焦点が来てしまって、網膜(厚さは0.2ミリくらいですが、視力を左右する非常に重要な構成要素なのです)でのピントが合わないと言った状態となってしまう近視です。普通の近視の場合には、遺伝的要素も当然ですがあるものですが、後天的な環境要素も大きく影響しているのに対し、このような軸性近視は殆ど遺伝的な症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)です。このタイプの人は、眼球そのものが大きく、網膜(近年では、人工網膜の研究開発が進んでいるそうです)が常に引っ張られて薄い傾向があり、網膜剥離(ボクサーなどの格闘家の他、テニスプレイヤーや野球選手もかかることがあるそうです)を起こしやすいのですね。また、軸性近視の方は、トレーニング(筋肉トレーニングや健康維持のためのエクササイズであれね、継続して行う必要があるでしょう)による視力回復が困難なとも言われていますね。このため、手術を勧められるケースが多いと思います。視力の矯正はコンタクトやメガネ(壊れにくいとか軽いとか、色々な機能のものが増えています)でも可能になりますが、レーシック手術などで視力矯正するといった方法もありますね。ただ、レーシック手術はあくまでも視力矯正のための手術ですから、万が一、網膜剥離(目の疾患の一つで、視力を失ってしまうこともあります)といった症状が出た場合には、その手術も受けなければならないのです。いずれにせよ、軸性近視と診断されてた場合は医師(不足気味だといわれて久しいですね。選択の余地もないような地域も少なくありません)とよく相談して、今後の事を検討すべきでしょう。視力矯正手術をしても、網膜剥離の危険性を排除する事はできないのですから、その辺りのこともよく相談しましょうー